頭の声は小姑さん


こんにちは


みき です。


以前、心の声について書きました


今日は、頭の声です^^



頭の声。

これまた聞いたことありますか?

意識したことありますか?


私は、「心の声」同様に、聞いたこともなかったし

意識したこともありませんでした


でもね、この頭の声。


日々の生活の中でかなり活躍してくれています(笑)



例えば・・


今日は自分のためにケーキでも買って帰ろう!と思ったとします

いざ、お店に行き、たくさんのケーキを目にしたあなた

一瞬でイチゴのショートケーキにひとめぼれ!


<わぁ~このイチゴのショートケーキおいしいそう!これ食べた~い!>

と思いました。


でも値段を見ると、結構いいお値段・・・


[あ~ショートケーキでこの値段は高いなぁ~

この値段出してまで食べたい?

モンブランなら、まぁ値段も手ごろだし、嫌いじゃないし~

ショートケーキケーキ食べたいけどモンブランでいいか・・

でもなぁ・・・]


と悩みましたとさ^^チャンチャン!



この例えの中の

 <>←この声が心の声

  []←この声が頭の声

です。



こういうことって、いろんな場面であるよね?


何か行動しようとした時

必ず現れるんです。


頭の声という名の小姑さんが^^



行動しようという時に

私の行動を制限するために

あーだ、こーだ、言ってくるわけですよ!


だから、私は小姑さんと命名しました(笑)



やめといたほうがいいよ

そんなことしたらダメだよ

そんなのはあなたらしくないよ

そこまでしなくていいと思うよ


そんな風にあなたに話しかけてくる頭の声



行動を制限されるって言葉だけ聞くと

頭の声って嫌な奴に思えてくるけど


頭の声は、あなたに意地悪をしているわけではなくて

あなたを守ろうとしているの


あなたが失敗してしまわないように

がっかりしてしまわないように

後悔してしまわないように・・


だから、現状のままでいいんじゃない?

無理しなくていいんじゃない?って、行動を止めるの



頭の声もあなたの味方。


あなたが大切だから制限して守ってくれてるんだよ



だから、「なんでまたここで出てくるの~?」って嫌わないであげてね

頭の声もちゃんと聴いてあげてね^^


そして、その頭の声に

そうだなぁ、そうしようってすんなり思えたなら、そうすればいい



でも

それでもやってみたい

どうしよう、どうしよう

でも、でも・・・

って思うのなら


そこは、心の声を優先してね


ふと思ったこと、感じたこと

それがあなたの本当の気持ちだったよね?


心の声に従ったのなら、間違いはないから!




頭の声は決して悪者じゃない


でもあなたを守るために過剰に制限しかねない

あなたの本当に望むことを制限しかねない


だから、そこは「小姑さん」って意識してみて。



小姑さんに支配される人生をあなたは送りたいの?

小姑さんにずっとコントロールされて生きていきたいの?



私は、そんなのは嫌だと思った

自分の望む人生を歩むことを制限されることは嫌だ、と



だから

小姑さんが出てきたら

私のこと守ろうとしてくれてるんだね、ありがとう~って気持ちで

ちゃんとその声を受けとめて


そのうえで

心の声もちゃんとひろって受けとめて


どうするかを冷静に決断して

私は行動を起こすようにしています。



そうすると行動することがすんなりいくし

なにより、自分の気持ちが楽だし、すっきり生きやすくなるよ



だから、あなたも小姑さんとのつきあい方

意識してみてね!



あなたがあなたの望む人生を歩んでいくためには

小姑さんに振り回されず、仲良くしていくことが必要不可欠だから。



ここぞの時の一歩を踏み出す時の

大きな原動力につながるから^^



*****


対面カウンセリングのお問い合わせをいただいております

ありがとうございます!

募集開始は6月5日を予定しておりますので

もうしばらくおまちください。


不倫はギフト♢カウンセリングスタジオ つなぐ♢

不倫なんかあったけど もう一度、夫婦をやり直したい 自分の人生を生き直したい そんなあなたの心に寄り添います あなたを勇気づけ、「大丈夫」を届ける カウンセラーみき のHPです

0コメント

  • 1000 / 1000