子どもの愛をエネルギーに変えて



こんにちは


みき です。



今日も、とってもいいお天気ですね!


こんな日は布団が干したくてうずうずします~~

ってことで!


今、干し終わりました^^



布団を干しながら


私が子どもの頃

天気がいいと母がよく布団干してたな~ってふと思い出しました。


その度に

「みきの布団もってきて」

「お父さんの布団もってきて」

って、しょっちゅう、手伝わされてた私は、布団干しがめんどくさくて嫌だった。


それが今

自分も母になって

母と同じように、張りきって布団干してる(笑)


「布団干すと気持ちいい~~~」って^^


私の母も

「布団干すと気持ちいいでしょ~」ってニコニコしてよく言ってたな



太陽のにおいがする布団のぬくもりに包まれると

そのときの母の笑顔を思い出す


そして、私、やっぱり母のことが好きなんだなぁって思う



*****



子どもができて


母親になって


布団を干すこと以外でも、生活の中で

母と同じようなことしてる自分に気がつくことが増えた。


やっぱり親子って似ちゃうんですね(笑)



自分が子どものころ


母にしてもらって嬉しかったこと


心地よかったこと


そんなことを同じようにしている自分に気づく



それが、今度は我が子に引き継がれていくのかな・・



そう思ったときに


やっぱり

私自身が日々、心地よく生きている母でありたい


と強く思う。



そうでなければ

子どもに心地よさは与えられないと思うから



*****



私が

不倫を抜けるきっかけとなったものの中で

我が子の存在ってとても大きい



渦中

苦しくて苦しくて

もう私の人生どうなってもいいやって思っても


我が子の笑顔に癒され


勇気づけられ


踏ん張ってこれた



子どもたちから投げかけられる

私への愛が

私を奮い立たせてくれた



この子たちのために頑張ろう


私にはこの子たちがついてるから大丈夫


って


子どもの存在に助けられることが多かった



そうしたら


そのうち


私も、子どもたちに愛を返したいって思うようになりました




私が

この子たちを励まし、支えてあげたい


そんな存在になりたい


そんな存在でありたい!と。




そのためには


夫の不倫なんかで、いつまでもウジウジしていられない!


苦しさに縛られて、身動きがとれないなんて言ってられない!


私の中で、夫の不倫を切り離して考えられるようにならないと!


と思うようになりました。




「人は、自分が満たされて、初めて、人を満たすことができる。」




そう知ったことで




私も、


好きなことをしよう


好きなものを食べよう


好きな人に会いに行こう



そうやって

自分を満たすための行動を起こしていきました。




子どもたちの愛にこたえたい


子どもたちの「お母さん大好き」の気持ちにこたえたい



その思いは

私が不倫地獄から這い上がっていく過程で

とっても大きなエネルギーとなりました。



親が子どもを想う気持ちってはかりしれないけど


子どもが親を想う気持ちも同じようにはかりしれないものなんです。



そのエネルギーは


本当に純粋で、大きくて


とっても温かい。



お子さんの「お母さん大好き」の気持ち

受け取ってみてくださいね^^





不倫はギフト♢カウンセリングスタジオ つなぐ♢

不倫なんかあったけど もう一度、夫婦をやり直したい 自分の人生を生き直したい そんなあなたの心に寄り添います あなたを勇気づけ、「大丈夫」を届ける カウンセラーみき のHPです

0コメント

  • 1000 / 1000