イメージできる未来はある!


こんにちは


みき です。



今日は、息子の小学校の運動会


う~ん、いい天気!!

嬉しい!けど、熱くなりそう~~^^;


*****



運動会、といえば、、

苦い思い出があります。


不倫発覚から一週間後が

当時、幼稚園児だった息子の運動会でした。


その頃は、なんで私を裏切ったの?っていう

主人への怒りの気持ちがすごくて


そんな私の態度に半ば逆切れ状態な主人と

お互いに、心通わせられていない状況でした。


通わすどころか、敵対している感じ



そんな運動会の朝

私が唯一、主人に言葉をかけたのは

「お母さんの前では普通の夫婦を演じてね」

でした。



私の母は運動会の参観を楽しみにしていたから

来るのをやめさせることはできないし


そもそも母には主人の不倫のこと話していなかったから

来ないでいいよっていう理由が思いつかないし


これは、演じるしかないって思ったんです。



母には言いたくなかった


心配かけたくなかったの



だけど


孫の運動会を楽しそうに観て、応援している母を見ていると

今すぐにでも泣き出してしまいそうな衝動にかられ


いっそのこと話してしまおうか、と何度も思いました。


話して楽になりたかった


母に泣きついて、頼りたかった



でも、そんな感情は心の底に沈めて、笑顔をつくる私


ほんっとに辛かった・・・




親子競技があってね

それも夫婦で参加する競技


夫婦なのに、別々に列に並び、言葉は交わさず、目は合わせず・・


そんなかたくなに私と距離をとる主人の態度に


そんなに私が嫌いなの?


嫌なの?


って心が折れまくったよ・・




私が忠告した通り

主人は母と子どもたちとはいつも通り過ごしてくれた。


たまに笑顔をみせながら、良いパパ、良い夫を演じてくれた。



形ばかりの家族、夫婦・・



心のどこかでバカらしい・・って思ってる自分もいたけど

どうすることもできなかった


演じるしかなかったから、演じ続けた




その時

私が心のよりどころにしていたのは

私の中の幸せのイメージ。




発覚してすぐ

私を裏切るような人と、これからも夫婦でいるなんて無理!って考えたときに

主人と離婚するイメージをしたことがあって


その時に、いくらイメージしても湧いてこなかったの


主人と離婚して、私と子ども3人の生活っていうのが

どうしてもイメージできなかった。




現実味がないからかな?って当時は思ってたけど



そうじゃないんだよ。




イメージできないってことは


その未来はないってことなんだよ^^




当時

主人と子どもたちとの幸せな生活はイメージできました。


苦しくて、辛くてしょうがなくて

主人ことが憎いし、信じられないし、嫌い!って思ってたのに



鮮明に、イメージできたの



温かく柔らかい雰囲気の中で

家族4人で笑顔で過ごすイメージが・・



当時の私は、それこそそんなハッピーな未来があるなんて

これっぽっちも信じられなかったけど



誰にも頼ることができないでいた私は

その自分のイメージした未来に頼るしかなかった。



離婚のイメージは全然できなかったけど

夫婦再生して幸せなイメージができたってことは


また主人と心通わせることができるのかもしれない


主人と一緒に、また笑顔で幸せに過ごす日々がくるのかもしれない


そうだ!


そう信じよう!って決めたんです。




どん底で、ひとりぼっちで


どうしようもなくつらくなったら


誰かに頼りたくなったら


そのイメージを希望にして、生きてきました




そして今

その時にイメージした通りの生活の中にいます^^




だからイメージできた未来


イメージできる未来はあるんだと


私は確信しています。




自分の未来は自分が一番よく分かってる


手にする未来は、すでに自分の中にある




では!

今日も良いイメージをもって

息子の運動会を楽しんできたいと思います^^





不倫はギフト♢カウンセリングスタジオ つなぐ♢

不倫なんかあったけど もう一度、夫婦をやり直したい 自分の人生を生き直したい そんなあなたの心に寄り添います あなたを勇気づけ、「大丈夫」を届ける カウンセラーみき のHPです

0コメント

  • 1000 / 1000