肌を重ねること①


こんにちは 


 みき です。




 夫の不倫 


 そこにつきまとうのは 

 やっぱり「不貞行為 」


不貞行為とは法律用語で  

「配偶者のある者が、その自由意志に基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つこと」

 を言います 



 ☆ 



 夫の不貞行為 


 それを知ったときには 

 手足は震え、顔面蒼白・・ 


 「もう終わったな・・」って思いました



私は性に関して、すごく潔癖で 

 他の女とそういうことした人と、絶対できない 

だからもう一緒にはいられない

 絶対無理! 


 と、

一瞬で、すごく心も身体も拒絶を示しました



 なんでそんな取り返しのつかないことしてくれたの?

 もうそんなことまでしてしまったのならもう無理じゃん!

 

私・・ 

もう絶対無理・・ 


 でも・・

 これからも夫婦としてやっていくのならそうはいかない 


 じゃあどうする? 



 ・・・どうすることもできないじゃん・・




答えのない 


 答えにはたどりつけない 


 そんな試練を与えられたかのように打ちひしがれました 




 それからは 


 夫に近寄られるだけでも嫌 

 私のそばを通られるのも嫌 

 

身体が少し触れるだけでも 

 手が少し触れるだけでも

 嫌・・ ・



 「これからも夫婦でありたい」 

 そう思う夫のことを 

 そんな風に感じるようになってしまった自分が 

 かなしくて、かなしくて・・ 


 いっぱい泣いたな~~ 



 ☆ 



 今 あなたが 

 あの頃の私と同じ気持ちでいるのなら


 無理することないよ 



 そんなあなたの気持ちに 

 いっぱい寄り添ってあげてください 



 身体と心はつながっています 



そんな気持ちを抱いて応じても

なにもいいことはないし 


 それどころか 


 身体も心も かなり傷つきます 



私がいっぱい傷ついたから 

それがわかるんです 



 ☆ 



私は渦中

 

拒絶していたら また夫は女に走ってしまう 

 だから・・

と嫌悪感を殺して応じました



 最中に 

 夫の心が私に向いてないと感じ、虚しくなったり 

 女の存在を感じ惨めになり、泣き崩れたり・・ 



 かと思ったら 時折、

狂ったように泣きながら夫を求めたこともありました


 今思い返すと

その時の私は鬱っぽい傾向にあったし 、正常な状態ではなかった 


 自分で自分をコントロールできない状況が 

そんな突飛な行動に私を駆り立てたんだろうなって思います 




 で 



その時、愛を感じられたのか?

って言われれば ・・・・・ 





 NO!





 ただ 

 寂しさを埋めるため

夫を繋ぎとめるため 


 そのための行為は 

 ひとかけらの愛も感じることはできなかった 



 逆に 

 何とも言えない寂しさ、虚しさが、これでもかとこみあげてくる 


 そして 

 「孤独」を思い知らされるだけでした 




 ☆ 



 だからね 


 無理して応じなくていい 



 気持ちを殺してまで応じなくていい




 あなたの心と身体が傷ついてしまう


 

かわいそうだよ




自分の心と身体 

大切にして欲しい 




 大切にしてあげてね^^




 明日につづきます  




☆対面カウンセリングの詳細、

  お申し込みはこちらから  


☆リクエスト・お問い合わせは 

 こちらから              

不倫はギフト♢カウンセリングスタジオ つなぐ♢

不倫なんかあったけど もう一度、夫婦をやり直したい 自分の人生を生き直したい そんなあなたの心に寄り添います あなたを勇気づけ、「大丈夫」を届ける カウンセラーみき のHPです

0コメント

  • 1000 / 1000