亡き人に想いを馳せるとき


こんにちは


みき です。



今日、主人は人間ドックに行きました

朝ごはん抜きで検診なので

今朝は寝坊と楽できた!(笑)


・・・


途中、主人がね

こんなラインを送ってきた


「検診が終わったら、おばさんに手を合わせてくる」と



このおばさんは

主人にとって第二の母でした


主人がまだ小学生の頃にお義母さんは亡くなり

お義父さんが、男手ひとつで2人の子どもを育てあげました


その間

料理、洗濯・・

それらをおばさんは自ら志願し、毎日のように来てお世話してくださったそうです


本当に「人のために」と生きていた方

いつも穏やかで、温かくて、優しくて

それでいて知的さを兼ねそろえていた方でした



私たちが結婚の挨拶に伺ったときも

とても喜んでくれました


「お母さんもきっと喜んでるわね~」


そう言って微笑んでくれたおばさんの顔は今でもすぐに思い出せます


私たちの結婚を心から祝福してくださっている

そんな笑顔だったから・・





不倫発覚から2カ月ほど経ったお正月


おばさんのところに伺った時

「形見として受けとって」と

おばさんのコートを羽織らせてくれました



「とっても似合うわ~、ぴったりね!

こんなかわいい人にお嫁さんに来てもらって本当に良かったわ~」


そうニコニコおっしゃるおばさんを見て

複雑な気持ちになったものです


それを聞いていた主人も複雑な顔をしていました

(水面下でしたからね)


その時、主人が何を感じていたのかはわかりません




でも私は


「お嫁さんに来てくれて良かった」


そのおばさんの言葉が、嬉しかった


その言葉が胸にせまり、泣きそうになりました




発覚から2カ月


この結婚は間違いだったのではないか?


主人とこの先も一緒に夫婦としてやっていけるのか?


もう、離婚するしかないのではないか?


そんな想いに駆られていた時の

あのおばさんの言葉


それもあまりにも嬉しそうにおっしゃるものだから


その瞬間は私のこわばった心もゆるんで


「この結婚はやっぱり間違いではなかったのかも」


「もう少しがんばってみよう」


そう思いなおすことができたのでした




そのとき羽織らせていただいたコートは

今、私の手元にあります


その他にも

形見として受け取って、と

私だけでなく、子どもたちにもいろんなものをくださいました



おばさんは無意識で分かっていたのかもしれません


自分の人生がもうすぐ終わってしまうことを・・





不倫発覚からちょうど1年


その日は

不倫が発覚した日


そして

主人のお義母さんの祥月命日



その同じ日におばさんは亡くなりました


突然の訃報でした・・



同じ日に3つの出来事が重なったのは

たまたまなのか・・?


いや・・


私はたまたまではないと思っています


そこに大きな意味を感じています・・



たくさんのメッセージを

私は受け取りました


ここでは書ききれないほどのメッセージ・・



そして


第二の母の死は、主人にとってこの上ない衝撃だったと思います



主人も、主人なりにいろんなことを考えさせられ

いろんな想いを抱いたことでしょう



大切な人の死は

残された人間にメッセージを届けます



受け取るメッセージは

人によって様々だと思うけど


一番は


「今を生きるということ」


「命には終わりがあるということ」


そんなメッセージが大きいように思います



私も

「今を大切に生きていますか?」

そう問いかけられているような気がしました



おばさんの死を境に


私は「今」を生きること


明日終わってしまうかもしれない命を

悔いのないよう、自分のために使うこと


それらをより一層意識して日々を過ごすようになりました



それが結果として

自己再生、夫婦再生にもつながっていきました





主人が帰ってきて

おばさんのところに行ってきた話をしてくれました


おばさんがここにいるんだな~と感じた


俺、大丈夫な気がした


頑張れそうな気がした


心が穏やかになった


そんな風に話をする主人がなんか微笑ましく思えました



おばさんに逢えたんだな~

良かったな~

そう思ったら、私まで心穏やかになれました



そしてね


超現実主義の主人がこんな風に変わるんだって思ったら

なんかおかしくなって笑えた


目に見えないもの、信じたりしない人だったのに(笑)



会話の中で「直感きてる」とか「今日は満月だから」とか言ってるし!


完全に「みき化」してる^^




いや~

人って変わるね


これも不倫の賜物(笑)



「愛は人の心を動かし、人を変える」だね!







おばさんに急に会いに行きたくなった

行かなきゃと思ったという主人


きっとおばさんに呼ばれたんだろうな



今、主人が

そこでおばさんを感じ

愛を思い出す必要があったのだろうと思う



主人の心の中には

たくさんの想いが駆け巡ったことだろう



そして


今を生きるチカラをたくさんいただいてきただろう




私たちは

目にはみえないけど

たくさんのご先祖様に守られて今を生きている


たくさんの愛にいつも守られているんだよね



そして


それらによって生かされているんだよね




今、生きていることってあたりまえじゃない


日々の生活に追われて、そこを私たちは忘れがち




だから


たまには今は亡き大切な人に想いを馳せ


「今、私は生かされているんだ」ということを思い出し


今この瞬間を感謝の気持ちをもって過ごす



そんな時間を意識して持つことって必要だな・・

そんな風に今日またあらためて思いました




そしてそれは


夫婦再生にもつながっていく





思いがけず

おばさんに想いを馳せ

私もあったかい気持ちに包まれました



1日1日を大切にめいっぱい生きていこう


そうあらためて思いました



そのきっかけをくれた主人に感謝^^



そして


今もなお私たち夫婦を応援し

見守ってくれているおばさんの存在を感じました




「あなたと(みきと)結婚してよかった」


「とっても幸せな人生だった。ありがとう」


お互いが最期の時そう思えるような夫婦の絆を

これからも2人で築いていこう




不倫なんてあったけど


いや


不倫があったからこそ

最幸な夫婦になれたね!


なんの悔いもないわ~


ありがとう~~



最期の時にそう言い切って旅立つのが目標!

(あれ?これじゃあ私が先に死んじゃってる?笑)




だからこの先も


さらにさらにと進化して


幸せをめいっぱい感じながら


人生を謳歌していきたいと思います!





☆ELM講座1期開催決定!(満員御礼)

~自己再生・夫婦再生に向けて~

3日間連続講座

講座の詳細はこちらから


☆対面カウンセリングの詳細、

お申し込みはこちらから


☆リクエスト・お問い合わせは

こちらから



不倫はギフト♢カウンセリングスタジオ つなぐ♢

不倫なんかあったけど もう一度、夫婦をやり直したい 自分の人生を生き直したい そんなあなたの心に寄り添います あなたを勇気づけ、「大丈夫」を届ける カウンセラーみき のHPです

0コメント

  • 1000 / 1000